30代婚活女性心構え

30代になってふと気が付くと、周りの知人・友人の多くは結婚をしてて気が付けば自分だけ独身・・・そんな状況に不安や焦りを感じて、婚活をしたとしても、すぐに良い結果にはつながらず。

婚活しても、「なかなか良い人がいない」「この人なら」「この人と結婚したい」と思えるお相手と出会えないのはなぜなのでしょうか。

今回は、その原因と婚活を長期化させないための❝心構え❞をお伝えします。

 

 

「良い人に出会えない」

――その原因はお相手に求める「理想が高すぎる(=高望みになっている)」ことに原因があるかもしれません。

婚活をするなら「自分の理想」を明確にしていることは大切です。

しかし、「明確にコレだ!」というものを自分で理解していないと誰に出会ったとしても、あれも欲しいしこれも欲しい~!となってしまい、気づいたら「理想高すぎ人間」になってしまいます。

婚活でよくあるのが、「普通の人と結婚出来れば良いんです。」といいながら、「良い人がいたら・・・」と好みの人を具現化できずフワッとした感じでしか婚活が出来ず長期化してしまうケース。

そのせいか、お相手を減点方式でみてしまい婚期を逃してしまいがち。

理想が高い!ということを自覚できていない、自分を客観視できていないんですね。

ズバリ言ってしまいますが、

「完璧な人間はいない」

ということです。人間はいいところもあれば悪いところもあります。それは、あなたもお相手も同じこと。

理想通りのストライクゾーンの彼との出会いを求めるなら、その彼に出会えるだけの行動量が必須です。出会いの数を増やす、やり取りする数を増やす・・・想像以上にやることは多くなりますが、100人200人と出会っても運命のお相手と出会えるかどうかわからない。。。それくらいいばらの道です。

ただ、「妥協して結婚しましょう」とは思いません。

結婚は無理してまで、苦しんでまでするものでもないですから。

結婚は自分が幸せになるためにするもの。

だからこそ出会ったお相手を「育てていく」という視点にかえてみませんか?

自分の結婚相手への理想の数と同じだけお相手の許せることを探してみませんか?

幸せなご夫婦のお話を聞くと「昔はこんなに思い遣りもなくて、全然こんなんじゃなかったのよ」と笑っていたりしますよね。

出会ったお相手に対して、優し過ぎて物足りない、マメでない、性格は良いけれど外見が…等「性格や外見は変わらない」とすぐに恋愛対象から外してしまうことってありますよね。

確かに顔や背は変えれないですが、スタイルやオシャレはどうでしょうか?例えば、髪型を変えれば良いのに、メガネを外したら良いのに…そういう人っていますよね?

内面も同じです。

例えば、会えば優しいけれど連絡はマメにくれない人っていますよね?

そういう人には思い切って「もっと連絡出来たら嬉しい」と伝えてみたり、向こうから連絡があったら喜ぶようにしたり感情を素直に出してみると案外マメに連絡してくれたりするものです。

男性は想像以上に、一緒にいるお相手(彼女)に影響を受けています。

「優しくない」と言われれば、優しくない役割性格になっていってしまいますし、逆に、「優しい」と言われれば、優しい役割性格になろうと頑張るものです。


一緒に成長しいていく視点でお相手と接する、許せる部分を増やすほど、素敵な人と出会う確率はあがるし、あなた自身が幸せな結婚生活を送れる人にきっとなれますよ。

長い結婚生活、相手に求めてばかりでは幸せになれませんから。

とはいっても人間いきなりは変わりませんから、そのままでもかまいません。

でも、次に出会う人から、お相手の「優しさの芽」「許せるところ」「いいろころ」を探す練習をしてみてください。

あなたの婚活はきっと楽になりますよ!

 

ページトップへ