結婚相談所の成婚率はどう決まる?からくりを大公開!年代別・職業別の成婚率も紹介!

結婚相談所へ入会するにあたり、成婚率が高いところを選びたいと思う方も多いでしょう。

しかし、成婚率がどう決まるのかを知らずに数値だけを見ていると、後々後悔する可能性があります。

そこでこの記事では、結婚相談所の成婚率について解説します。結婚相談所を選ぶ際のポイントや結婚した人の特徴についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

そもそも…成婚率とは?

結婚相談所での成婚率と聞くと、結婚が成立する確率とイメージする方もいるでしょう。成婚率=結婚率ではなく、成婚率とは、「実際に結婚をしたいと思える相手と出会えた割合」を指します。

しかし、高い成婚率=結婚している数が多いとは限らないため、定義や計算方法を知っておくことが重要です。

ここからは、成婚の定義や成婚率の計算方法について解説していきます。

成婚=結婚が決まるのではない

成婚の定義は結婚相談所によって違いがあり、必ずしも結婚が決まることではありません。結婚相談所によっては、お付き合いを始めた時点で成婚とみなされることもあります。

主な成婚の定義は、以下のとおりです。

  • プロポーズの成功
  • 結婚を前提としてお付き合いを始めた
  • 1年以上真剣交際が続いている
  • 同棲を始めた
  • 1泊以上の旅行に行った

成婚が結婚でないことを頭に入れて、結婚相談所を活用しましょう。また、結婚相談所を選ぶ際は、成婚の定義を確認しておくのがおすすめです。

成婚率の計算方法

成婚率の主な計算方法は、以下の3つです。

  • 成婚の定義に達した退会者数/総会員数
  • 一定期間の成婚による退会者数/一定期間の退会者数
  • 成婚の定義に達した退会者数/全退会者数

数字だけで成婚率が高いからと判断し、結婚相談所を選ぶのは危険です。後述する選び方のポイントも参考に、選ぶのがおすすめです。

経済産業省が発表した結婚相談所の成婚率は10%ほど

経済産業省が発表した成婚率は、10%とかなり低いです。ここでは、成婚率のからくりや年代別の成婚率などを解説します。

成婚率が低いからくり

経済産業省が発表している成婚率は、10%であるため低いと感じる方もいるでしょう。成婚率が低いからくりは、経済産業省が成婚率を出す際に退会数と会員数を基準にしているからです。

数値だけ見ると低く感じますが、成婚率は結婚相談所によって違いがあります。実際の会員数と成婚率を見比べて判断すると良いでしょう。

20代〜40・50代までの年代別成婚率

日本結婚相談所連盟成婚白書によると、年代別の成婚率は以下のようになっています。

年齢 男性 女性
20代 98.0% 157.2%
30代 150.7% 114.7%
40・50代 62.5% 57.4%

上記の表を参考にすると、20代〜30代の男女が成婚しやすいことがわかります。年齢が高くなればなるほど、男女ともに成婚率が下がるため、結婚相談所への入会は早めを心がけると良いでしょう。

【男女別】職業別の成婚率

男女別にみた職業別の成婚率については、以下のとおりです。

【職業別の成婚率(男性)】

成婚しやすい職業 成婚率 成婚しにくい職業 成婚率
IT関連職 152.9% 理美容系職種 20.1%
国家公務員 127.0% パート・アルバイト 20.3%
技能・研究職 124,4% 定年退職 45.2%

【職業別の成婚率(女性)】

成婚しやすい職業 成婚率 成婚しにくい職業 成婚率
看護師 125.5% 経営者・会社役員 62.9%
販売・小売・飲食・サービス系職 113.7% 定年退職 64.2%
医療系職種 110.0% 農林水産関連職 64.2%

男女とも職業によって、成婚率に大きく差があることがわかります。

男性は給与が高かったり、安定性があったりする方が人気ですが、女性は医療系やサービス業など人と関わる職種の方が人気の傾向にあります。

結婚相談所を成婚率だけで選ぶのは危険!選び方のポイント

結婚相談所は、成婚率だけで選ぶのは危険です。ここからは、結婚相談所を選ぶ際のポイントを4つ紹介します。

会員の数と年齢層・プラン内容

結婚相談所を選ぶときには、会員の数と年齢層・プラン内容を必ず確認しましょう。会員数が多ければ多いほど、出会える確率は高くなります。

結婚相談所によって年齢層が異なるため、自分が狙っている年齢層が多いかも確認するのも良いでしょう。

プラン内容については、月額料金や紹介人数・面談回数などを比較し、自分に合ったプランを選ぶのがポイントです。

サポート内容・サービス内容と料金

結婚相談所によって、サポートやサービスの内容と料金は異なります。そのため、入会前には必ず、ホームページで確認しておくようにしましょう。

料金に関しては、入会金や月会費以外に成婚料やお見合い料などが別途必要な結婚相談所があります。トータルでどれくらいの費用がかかるのかも確認しておくようにしましょう。

万が一、ホームページにサポート内容や料金の詳細が記載されていない場合は、避けるとトラブルを防げます。

カウンセラーとの相性

結婚相談所で婚活を進めるうえで、カウンセラーとの相性も確認しておきましょう。相性が悪いと、婚活がスムーズに進まなかったり、苦痛になったりする可能性があります。

カウンセリング時に相性を確認し、もし悪い場合には他の結婚相談所の入会を検討するのがおすすめです。

実際の成婚者数

結婚相談所のホームページには、成婚者数が記載されているため確認しておくと安心です。

会員数が圧倒的に多いのにも関わらず、成婚者数が少ない結婚相談所は会員の質が低い可能性があります。一方、会員数が平均的でも成婚者数が高いのは、結婚に対する意識が高い会員がいる証拠です。

婚活を成功させるためにも、実際の成婚者数を確認するのもポイントとなります。

結婚相談所で結婚した人の特徴

結婚相談所を通じて、実際に結婚した人の特徴を3つ紹介します。

希望条件や目標などが明確な人

実際に結婚した人の特徴として、希望条件や目標などが明確な人が挙げられます。結婚相談所は結婚する相手を探す場所のため、ついつい多く条件を設定しがちです。

条件を多く設定すると、紹介できる人数が限られるため、優先順位を決めて外せない条件を明確にしておくと良いでしょう。

また、いつまでに結婚をしたいのか目標を決めておくことも重要です。結婚相談所を利用している方の中には、目標を明確にしておらず、ずるずると時間だけが過ぎていく方が多くいます。

自分で行動を起こすためにも、目標は明確にしておくと婚活がうまくいきます。

前向きでポジティブに考えられる人

多くの人が結婚生活に求めているのは、明るく楽しい日々です。そのため、ネガティブな人よりも、前向きでポジティブに考えられる人が異性から選ばれます。

普段から愚痴や悪口をいう人よりも、明るく前向きな人の方が「一緒にいて楽しい」「一緒になりたい」と好印象を持たれます。

礼儀正しくアドバイスを素直に受けられる人

礼儀正しくアドバイスを素直に受けられる人は、結婚相談所で成婚する確率が高い傾向にあります。挨拶やお礼など、基本的なマナーはしっかりと守ることを意識しましょう。

また、婚活を成功させるためにもカウンセラーのアドバイスを素直に受け入れて、行動したり改善したりしていくことが重要です。

まとめ

この記事では、成婚の定義や結婚相談所の選び方、実際に結婚した人の特徴などについて解説しました。成婚率は結婚率ではなく、「実際に結婚したいと思える相手と出会えた割合」を指します。

成婚率が高い結婚相談所を選べば、必ず結婚できるというわけではありません。成婚率は結婚相談所により異なるため、プラン内容や料金・カウンセラーとの相性などをもとに選ぶようにしましょう。

ページトップへ