結婚相談所の利用の流れを徹底解説!平均交際期間や成婚までの期間なども紹介

結婚相談所を利用するにあたり、「どのような流れで利用するのが」「平均の交際期間や成婚までの期間はどれくらいなのだろうか」というように気になっている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、結婚相談所の利用の流れや平均交際期間・成婚までの期間について徹底解説します。これから、結婚相談所の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

結婚相談所での成婚までの流れ

結婚相談所を利用した場合の流れは、以下のとおりです。

  1. 問い合わせ・カウンセリング・入会
  2. プロフィール作成・お相手探し
  3. お見合い
  4. 仮交際・真剣交際
  5. プロポーズ・成婚

各ステップを詳しく解説します。

問い合わせ・カウンセリング・入会

まずは、どの結婚相談所を利用するのかを決定します。そして、カウンセリングを受けて入会するのが基本的な流れです。

結婚相談所は、大きく以下3つの種類が存在します。

結婚相談所の種類 詳細
データマッチング型 データベースに希望条件を入力して、出会いから成婚まで主体的に活動する方式。登録したプロフィールや希望条件をキーとして、自動でマッチングしてもらえる。
仲人型 アドバイザーやコンシェルジュなどの専任の仲人が付き、婚活をサポートしてくれる方式。婚活中の悩みや心配事などを相談したり、具体的なアドバイスをもらえたりする。
ハイブリッド型 データマッチング型と仲人型を組み合わせた方式。両方の良い面を組み合わせて、効率よく婚活できるメリットがある。

それぞれ特徴が異なるため、しっかりと把握したうえでどこの結婚相談所を利用するのか決定しましょう。

marlをはじめ、多くの結婚相談所は無料カウンセリングを実施しています。カウンセリングで相性や雰囲気などを確認し、自分に合うところを選ぶことが重要です。

カウンセリングを受けて入会の意思が決まった場合は、入会手続きをおこないます。

プロフィール作成・お相手探し

結婚相談所に入会したら、実際に結婚相手を見つけるための活動に入ります。最初に、自分の人となりをアピールするためのプロフィールを作成します。

仲人型とハイブリッド型の結婚相談所は、カウンセラーと一緒にプロフィールを作成することが可能です。プロフィールに自信がない方は、仲人型とハイブリッド型の結婚相談所を選ぶと良いでしょう。

プロフィールを作成したら、結婚相談所のデータベースに登録されると同時に、相手探しに入ります。

お見合い

理想の相手を見つけたら、お見合いに進みます。通常、お見合いは自分で相手とコンタクトを取って、具体的な日時を調整する形がとられます。

ただし、結婚相談所によってはアドバイザーやコンシェルジュが間に入り、日程調整してもらえるケースもあるため、カウンセリング時に確認しましょう。

お見合い当日の流れは後述するので、そちらを参考にしてください。

実際にお見合いに臨み、お互いが結婚相手として問題ないと判断したら、次のステップとして仮交際期間に入ります。

仮交際・真剣交際

仮交際とは、デートなどを重ねてお互いの事をよく知る期間です。

仮交際は一般的にはまだ交際する前であり、複数の方と仮交際状態になっても問題ありません。その後、相手を一人に絞った成婚前提のお付き合いとして、真剣交際に移行します。

真剣交際中、どのように交際を進めれば良いか悩む際にはカウンセラーなどからアドバイスを受けることが可能です。

プロポーズ・成婚

真剣交際において、お互いが結婚したいと感じた場合には、プロポーズをおこないます。結婚相談所によっては、男性から女性にプロポーズする決まりとなっている場合があります。

プロポーズが成功したら成婚となり、退会の手続きを行います。

お見合い当日の流れ

お見合い当日の流れは、以下のとおりです。

  1. 待ち合わせ
  2. 自己紹介
  3. 飲みものや食事の注文
  4. 1時間程度会話をする
  5. 会計・お見送り

各ステップを詳しく解説します。

待ち合わせ

お見合い当日は、待ち合わせをして合流します。

お見合いでは、遅刻しないようにするのがポイントです。もし、不安な場合は事前に会場までの道順を現地で確認したり、地図で確認したりすると良いでしょう。

そして、指定時間に待ち合わせ場所に行きます。この時点でお見合い相手と対面するため、第一印象で良い印象を与えるように対応できるかがポイントとなります。

自己紹介

待ち合わせ場所では軽い挨拶をおこない、お店や会場へ移動し、自己紹介をします。

仲人がいる場合は、基本的に仲人が進行してもらえるため、進行に従いお見合いを進めていきます。

仲人がおらず2人で会う場合は、緊張をほぐすような対応を意識するとスムーズに会話ができるでしょう。

飲みものや食事の注文

お見合いの席では、お茶をするのが一般的です。基本的には、男性が女性を奥側の席に案内します。女性は「ありがとうございます」と笑顔でお礼を伝えお見合いを進めるという流れとなります。

メニュー表が席に置いてある場合は、女性から男性に向けて何をオーダーするかを聞くと良いでしょう。

1時間程度会話をする

お茶をしながら、概ね1時間くらい会話をします。1時間が短くと感じる方もいるでしょう。

お見合いの段階では、また話したいと思ってもらえるように1時間程度で切り上げるのが一般的です。

事前に相手のプロフィールを確認したうえでお見合いに臨めるため、プロフィールの記載内容をもとに会話すると盛り上がるでしょう。また、プロフィールに記載されていない内容も積極的に質問し、相手のことをよく知るのもおすすめです。

会計・お見送り

事前に決めた時間に近づいてきたら、きりが良いタイミングで会話を終了させます。そして、会計をおこないますが、基本的には男性側が会計をするのが一般的です。

女性は男性が会計している間、会場から出て外で待ちましょう。解散する際は、楽しかったことや会ってくれたことへのお礼を述べて解散します。

平均交際期間や成婚までの期間

結婚相談所での平均交際期間や、成婚までの期間がどの程度なのか気になる方もいるでしょう。

交際期間は、3ヶ月から6ヶ月程度が平均的です。交際からプロポーズまでの期間は、3ヶ月ほどが平均となっています。

交際から成婚までの期間は、半年〜1年ほど見ておくと良いでしょう。

結婚相談所の流れに関するよくある質問

最後に、結婚相談所の流れに関するよくある質問について紹介します。

婚活で失敗しないための情報が満載なので、ぜひ参考にしてください。

真剣交際中にキスをしても良いですか?

各結婚相談所によりルールは異なるものの、一般論として真剣交際中に手をつないだりキスしたりすることは禁止されていません。一般的な恋愛においても、交際中にキスをすることはとても自然なことです。

ただし、真剣交際前の仮交際までの間は、あくまでも真剣交際に移行するまでの期間となるためキスを迫ると相手に引かれる可能性があります。よって、真剣交際のタイミングでキスするのが最適といえるでしょう。

成婚前にイチャイチャしても良いですか?

キス以外の手をつなぐ・イチャイチャするなどの行為についても、結婚相談所が規制していないケースが多く見受けられます。ただし、性行為については、明確に禁止している場合があるため、注意が必要です。

禁止する背景には、性行為だけを目的として結婚相談所を利用しようとする方を避けるため・会員を守るためという理由が挙げられます。

結婚相談所でイチャイチャするのが禁止されている場合は、規定を守ることが重要です。

まとめ

この記事では、結婚相談所の基本的な流れを解説しました。

カウンセリングと入会を経て、プロフィールを作成し、お見合いへ進むのが一般的です。

結婚相談所によって細かな部分に違いがあるため、気になるところが見つかったらカウンセリングを受けてみてください。

ページトップへ